So-net無料ブログ作成
検索選択

セルフイメ-ジ [思い]

 こんばんは イト-でございます!!  .......今夜は 台風一過後の月夜[満月]...
満月間近の 切ない夜[満月]でございます...

この度の台風でも  また 尊い命が犠牲になってしまいました.........  先日 御嶽山で沢山の命が奪われたばかりだと言うのに...

........今夜は お月様に 犠牲になられた方のご冥福を祈りながらの執筆と致します....

さて まずは本日表題に致しました『セルフ イメ-ジ』... これは  ある医師が数十年もの経験から導き出した結論です。彼の名は マックスウェルモルツ  

『人間は セルフイメ-ジ...つまり自分で自分をどう思っているか、を持っており 人生に起きる全ての事がセルフイメ-ジの影響を強く受けている』と記されていました

それは 自分自身で作ってきたものではなく  主に小さい頃 親や友達などの自分以外の人間から与えられるのなんだとか...   ちょっと ムズカシイ[たらーっ(汗)]ですね..

そして そのセルフイメ-ジ...   歳を重ねた 今からでも 変える事ができるんですって[exclamation×2]

心理学的な 解析からアプロ-チしてみると プレスコット博士の実験からも ひも解けて..

ある科目が 苦手だった生徒が それが苦手だという考えを変えると その生徒の苦手だった科目への取り組みが劇的に変わり 彼の学習能力も同時に変化を遂げた[目]... それが セルフ イメ-ジ

ここで 私が何を伝えたいのかと言うと...   近々 感じた 噴火への恐怖  台風への恐怖...

そして3.11への 恐怖....   それに伴い 感じた教訓を セルフイメ-ジで  ずっと風化させないでいてもらいたい..という事です...

御嶽山からの 生還者から発せられた 言葉もまた “教訓の風化”を叫んでおりました...

彼の名は 津野祐次さん... 山岳写真のプロの方です  自分は2つのサインを見逃した-と 記事になっておりました  

そのサインは 突然 消えた濃霧と 強烈な腐卵臭との事...   ん゛...................................

どちらも 私には 自然界の然るべき現象...に思えてしまうのですが  惨事を目の当たりにした 当事者の言葉となれば それは “津波てんでんこ”と 同じで 教訓にすべき 貴重な証言です

マグマが地表に近づき 山肌の高温化で 山頂を覆っていた濃霧が蒸発・消滅....? .....濃霧がいきなり晴れた?

ひび割れた大地からは二硫化硫黄が噴出.... ?  .....強烈な腐卵臭?


.....ただ....これらは 恐らく 2度目の現象.........なんですよね.....[バッド(下向き矢印)]

御嶽山は 35年前にも 噴火をしていて...  もちろん この2つの現象が 全く同じく感じられていたかといえば別でしょうが  大量の火山灰の被害を出しつつも 死者がなかった為か

翌年には 日帰り登山が再開され...その次の年には 山小屋での宿泊も再開...   

 .....もう 同じ過ちを繰り返してはなりませんよね  ....風化を繰り返してはならないのです。

放射性物質への警戒もまた 同様です。

9月15日  3年ぶりに国道6号線が 全線開通になりました....  もう 1万台以上が走行したそうですが
走行できるのは 窓を閉めた自動車だけ。(双葉町~大熊町、そして富岡町の14㌔の区間)....  バイクも自転車も もちろん徒歩もno good。

どうして そういった 限定措置をとらなければ ならない程 線量が高い場所なのに 一般車の通行可と
するのか.... そして  どうして こんなにも危険な見切り発進が大きく 報道されないのか...

放射性物質への警戒は  風化されてしまったのでしょうか....  ゚(゚´Д`゚)゚

.....風化しては ならない 想い....  惨事の直後の想い...  どうか 皆さん セルフイメ-ジで教訓を忘れない自分でいて下さい..


   


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。